最新の小顔矯正情報まとめ

小顔矯正をやってはいけないタイミング

小顔矯正をやってはいけないタイミング 小顔矯正の施術は、手技による骨盤矯正が基本となります。
その為、骨のバランスに影響する体内ホルモンの作用が強い時期に施術を行うと、施術から暫くして反動が出る・バランスが崩れるといった事が起きる可能性が強くなっていましまいます。
故に、該当するタイミングでの施術は避けねばなりません。
該当するタイミングとして挙げられるのが、出産から1ヶ月程度までの期間です。
妊娠に伴って出産に向けた準備として骨盤を開かせるホルモンの分泌が活性化しますが、その影響は出産から1ヶ月程度までは残っている為、小顔矯正は避ける必要があります。
健康管理をしっかり行っている医院であれば、当該時期は施術を断る事も少なくありません。
またホルモンバランスを意識するという点では、生理中や前後も変化が大きい時期に該当します。
但しこちらは出産ほどには長期間に影響しませんし、ホルモンバランスの変化を知るという意味では寧ろ好意的な情報となります。
例えば生理直後・一定期間を置いた後の施術を併用する等すると、スムースに小顔矯正を図る事が出来ます。

ノープランの小顔矯正は推奨しません

ノープランの小顔矯正は推奨しません 小顔矯正をしようと思った時にノープランでおこなっていませんか。
整体師が施術を行っている小顔矯正は医師のように免許取得者が行っているものではなく、資格がなくても行うことができるため信頼のおける美容クリニックを探して行うことが大切です。
小顔矯正のほとんどはマッサージによってリンパの流れをよくし余計な水分を体から排除する小顔マッサージであることが多いです。
このマッサージは一時的な効果しか得られないため理解したうえで利用することをおすすめします。
即効性をうたっているタイプのものはむくみをとるタイプのマッサージが多いので特に注意が必要です。
このマッサージは12時間ほどで大部分が元に戻ってしまうものなので効果を持続させたい場合には毎日行う必要性が出てきます。
頭蓋骨を正しい状態に戻すことで小顔を目指すものもありますが、大人の頭蓋骨や顔面骨の縫合線は完全に閉鎖しているため動かないという見解もあります。
人によって効果は異なりますので口コミなどを参考にし、デメリットも考えたうえで試してみてはいかがでしょうか。